交流分析2級受験資格取得講座

名古屋の駅前教室開講します!

募集内容

2011年3月〜9月 第3土曜日

10:00〜18:00 6時間×7回=42時間

 

2011年2月末日締め切り

受講料 47000円

テキスト代(4200円)は初回の講座にて集金させていただきます。

お申し込み、お問い合わせはこちら

カード支払いによる申し込み  お申し込み  

 

受講生募集!

今最も大切な、人と人の関わりを学びます。

交流分析は、家族(親子・夫婦・兄弟・嫁姑)や、恋人、友人、近所づきあい、上司部下の職場関係など、親しい間柄のコミュニケーションを具体的に円滑に導く実践的な心理学なので、 毎日の生活にきっと役立つことでしょう。

この講座を40時間受講した方は、日本交流分析協会が主催する「交流分析士2級」の受験資格が得られます。毎回受講票に出席印を記します。試験については初回に説明致します。また必ずしも全員が受験だけが目的ではないので、自分の心に気付きたい人なら、どなたでも受講可能です。わかりやすく理解しやすい内容なので、心理学を初めて学ぶ方是非お越し下さい。生き方がきっと前向きになるはず!一緒に勉強していきましょう。

また、どんな小さな事でも講座について疑問に思う事があれば気軽にお電話下さい。

講師の八木禎実は、NPO法人日本交流分析協会准教授です。

講座内容

ストローク

6時間

どうして挨拶が大切なのかご存じですか?
人間は存在認知をされないと、生きていくことが辛く、生きがいを感じられません。ではその存在認知とは何でしょう?交流分析では、人間の求めている「人と人との触れ合い」を研究します。
自我状態

10時間

私達の心は、一定の法則に従って動いています。その法則を理解し、自分の心に気づきましょう。3つの心と5つの構造分析を習得することにより、今、自分がどの様な状態で、何について、どう述べたいのか?を知り、相手の心の動きも理解できるようになります。
対話分析

6時間

人間関係を円滑にする為の基本の一つは、相手とのコミュニケーションをどのように進めていくかです。話を上手くすすめることは、大変困難ではありますが、話合いの3つの原則を理解すれば、少しは、相手の言葉の中に含んでいる意味合いを受けとめる力が備わってきます。すぐに応用できる、原則を具体的に学びます。
人生態度

6時間

私達が日常生活で、他人に対し、何かを決定する時に、どんな態度をとっているか思い出してみてください。親友とは、喧嘩するけど仲良しではないですか?人間関係の中で、親密親交が一番の理想です。ではその他は何でしょうか?「私もOKあなたもOK」をめざす為の態度を理解していく単元です。
ガッツ石松さんのOK牧場とは?この単元を勉強すれば理解できます。
時間の構造化

4時間

1日を6つの時間に分けてどのように使っているかを分析します。自分自身何に一番時間を使っているのでしょうか?時間の使い方により、その人の人生は有意義か?否か?あなたの有意義な時間の使い方を研究してみましょう。そうすれば自我状態も変化しエゴグラムも変化します。
ゲーム

2時間

ここでいうゲームは、トラブルの言い合いを意味します。また、ゲームとは必ず悪い結果になることがわかっているのにやってしまう行為です。しかも、やってはいけないと思いながらも、知らず知らずのうちに引き込まれてしまうものです。さまざまなトラブルが何故生じるのか、この心理ゲームの仕組みを知り、ゲームをくりかえさない為の予防を会得しましょう。
人生脚本

6時間

皆さんご自分の行動をよーく思いおこしてみてください。同じパターンで繰り返される出来事はないですか?よく人にクレームをいう人は、何かだれかに一言、言わないと気がすまない行動を繰り返しおこなっています。人は、自分の性格にしばられている事が多い。このような現象を引き起こすことを、交流分析では、人生脚本といいます。でも人生脚本は何度も、いつでも書き直すことができます。では、どうしたら、悔いのない人生をおくれるのか、一緒に考えていきましょう。

開講日時

2011年3月〜9月 第3土曜日

開講日は3/19、4/16、5/14、6/18、7/16、8/20、9/17の、いずれも第3土曜日です。補講も考えておりますので、ご安心ください。

 

10:00〜18:30 (昼休み1時間) 6時間×7回=42時間

場所

 

SOHOプラザ名古屋名古屋会議室

名古屋SOHO駅前地図

名古屋市中村区名駅3丁目24番8 三立ビル3F

※現在は名駅ですが、人数により丸の内のSOHO会議室に変更する可能性もあります。開講前に必ず文書により、お知らせいたしますので、ご安心ください。

 

過去の受講生の感想(一部)

感想001 感想002 感想003 感想004 感想005 感想006 感想007 感想008 感想010

この他の感想は八木禎実の個人ページをご覧下さい。

申し込み概要